志野折・記紙差・地敷紙各種

志野折・記紙差・地敷紙各種

普段は文化財級の掛軸の軸装をはじめ修復も手掛ける京表具の伝統工芸士(総合部門)さんにお願いし、丁寧に手づくりしていただいています。鳥の子紙を襲色(かさねのいろ)で折り、志野折の金地の表には後水尾院帝御好と伝えられる四季花鳥文図を、記紙差の金地の表には霊元院帝御好と伝えられる雲・月・郭公(ホトトギス)図を、京都の絵師さんに描いていただいています。地敷紙は後西院帝勅作と伝えられる本歌に倣い、表には金地に鶴亀・松竹梅の蓬莱山図、裏には銀地に炭竈(すみがま)・塩竈(しおがま)の煙競(けむりあらそい)図が描かれています。折り目の部分が剥落するため、粒子の粗い岩絵具ではなく、粒子の細かい泥絵具(岱しゃ絵具)を用いています。白い部分は、純銀泥です。

仕切り線
志野折・記紙差・地敷紙各種

志野折・記紙差・地敷紙各種

地敷紙 金銀 絵入

¥25,920

志野折・記紙差・地敷紙各種

志野折・記紙差・地敷紙各種

地敷紙 鳥の子 絵入

¥20,520

志野折・記紙差・地敷紙各種

志野折・記紙差・地敷紙各種

志野折

¥24,840

地敷紙各種

地敷紙各種

金銀 無地

品切中

¥16,200

志野折・記紙差・地敷紙各種

志野折・記紙差・地敷紙各種

地敷紙 銀 無地

¥16,200

志野折・記紙差・地敷紙各種

志野折・記紙差・地敷紙各種

記紙差

¥12,960